資格を取得する

地域を巡回するセールスドライバーは普通免許だけで働けることも

ドライバーの職種には様々なものがありますが、初めてドライバーの仕事に挑戦をしたい場合には、それぞれの会社で業務に就くために必要な資格や免許について確認をすることが重要です。例えば、宅配業者に就職をして地域内を巡回するセールスドライバーになる場合には、仕事で使用する車の種類によりますが、普通免許だけあれば採用してもらえるケースが多く見られます。特に、セールスドライバーの数が不足している宅配業者においては、普通免許を取得したばかりの人に対しても丁寧に研修を行ったり、仕事を一人前に担当できるまで先輩がフォローしたりしているところもあります。そのため、仕事内容に興味があればじっくりと身近な地域にある会社の採用試験の情報を集めておくと良いでしょう。

ガッツリ稼ぎたい人は大型免許を早めに取得しておこう

大手の運送会社に正社員として就職してガッツリ稼ぎたい人は、大型免許を早めに取得して就職活動に備えるのがおすすめです。運送会社によっては、大型免許が無ければ採用試験を受けられないところや、入社後に自費で教習に通わなければならないところもあるため、じっくりと志望企業の事情を確認しておきましょう。また、経営状態が良い運送会社をはじめとして、仕事上では中型や小型のトラックを使用する場合であっても、大型免許の保有者を対象に資格手当を支給しているところもあります。そこで、手当を含めた収入額にこだわって職場選びをするうえで、様々なキャリアを持つドライバーが活躍している運送会社についてよく調べておくことが大切です。